日本人初の

ドーバー海峡単独往復泳に

挑戦する

オープンウォータースイマー

節政 健一(せつまさ けんいち)

海のエベレストと評されるドーバー海峡は

 

世界中のオープンウォータースイマーが憧れる

 

世界最高峰の海峡である

 

 

速い潮流と平均水温16という過酷な環境の中

 

身に着けることを許される物は

 

水着とキャップとゴーグルのみ

 

その限られた条件の下で夜を徹して

 

不眠不休で泳ぎ続けなければならない

 

 

挑戦者に求められるものは

 

潮流に負けない高い泳力

 

寒さに耐え抜く強靭な肉体

 

己に打ち勝つ不屈の精神力

 

それらを兼ね備え横断に成功した者には

 

チャネルスイマー(ChannelSwimmer)

 

の称号が与えられる

 

 

 

20167月末

 

そのドーバー海峡に1人の日本人が挑戦する

 

彼が挑戦するのは

 

日本人がまだ誰も成功していない単独往復泳

 

 

往復直線距離は68kmだが潮に流され

 

総泳距離は100km近くになる

 

24時間以上泳ぎ続けなければたどり着けない

 

まさに命懸けの極限の戦いである

 

 

挑戦者の節政健一は

 

実力、経験から日本人で一番成功に近い

 

オープンウォータースイマー

 

 

日本人初の快挙に向けて

 

挑戦の軌跡を報告していきます

 

皆さまの温かいご声援とご支援を


よろしくお願いします

 




お知らせ Information
お知らせはありません
    スケジュール Schedule
    スケジュールはありません
      ギャラリー Gallery
      ギャラリーはありません
      Top